神戸蘭友会・中尻利弘氏「パプアニューギニア高地に咲くラン」写真展開催しました

2022年4月14日

日本国内ではお目にかかれない種類のランや珍鳥や、高地で暮らす人々を撮影した興味深い写真を多数紹介。

中尻利弘氏がパプアニューギニアの自然豊かな高地へ訪問された際に撮影。コロナ禍の近年、現地へ赴くことが難しい今だからこそ貴重な資料とも言えます。

地上最後の楽園・パプアニューギニアはランの宝庫。
標高2,400~2,800mはデンドロビウム、バルボフィラム、プテロスティリス、コリバスなどの珍種がいっぱい!

ランの名前はもちろん、中尻氏によるパプアニューギニアでの楽しいエピソードや珍種ランを見つけた際の興味深いコメントも写真に記されています。

撮影:中尻 利弘氏(神戸蘭友会、http://ameblo.jp/rantarou428/

展示場所:3階ギャラリー

トップへ戻る